読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル の受験メモ

はじめに

AWSのソリューションアーキテクトのアソシエイトを取得していたのですが、4月で切れるために上位資格であるプロフェッショナルを受験した際のメモです。結果は一応、合格していますが 66% と本当にギリギリでした。

情報収集

AWSの資格全てに言えますが、いわゆる対策本がありません。
出題範囲を確認して、やるべき範囲の確認から始めました。

出題される分野は問題を見た際に、どの分野の問いなのか判断つくように覚えておくと良いと思います。

あとは、既に合格されている方の記事も参考にさせて頂きました。

以下、参考にさせて頂いた方

qiita.com

blog.manabusakai.com

yomon.hatenablog.com

皆様、ありがとうございました!

サンプル問題

公開されている サンプル問題を解いてみます。

有り難い事に答えも載っているので、サンプル問題の答えとその理由を説明できるようになりましょう。
追加でやった方が良いと思っているのが、他の試験問題のサンプル問題も解いてみる事です。同様に答えと理由が説明できるようになるといいと思います。

ドキュメント参照

AWSのドキュメントは非常に解りやすく書いてあり、普段触るプロダクトでも知らない事に気付けます。 他の皆様が書いてありますが、ドキュメントを読むだけではなく、コンソールから実際に操作してみる事をおすすめします。

Black Belt Tech シリーズも理解を深める助けとなりますが、最終的にはドキュメントが一番だと思います。

模擬試験

途中で疲れて、模擬試験をいきなり申し込んで受けてみました。
ですが、この模擬試験も結構疲れますw
ある程度体調を整えて、受けた方が良いと思います。

受験の際、問いがどの分野に対するものなのかを意識して回答するように意識してみました。
結果は散々でしたが、ここで出題されるプロダクトを最低限覚えておくと良いと思います。これでどのドキュメントを読めば良いかある程度限定できると思います。

AWS Cloud Design Pattern の参照

AWS-CloudDesignPatternAWSのベストプラクティスを頭に入れました。

各CDPは1ページにうまくまとめられているので、非常に読みやすいですね。業務でも役に立つので、全部覚えると良いと思います。

ホワイトペーパー 参照

私は時間があまりなかった関係で参照出来ていませんが、日本語のホワイトペーパーもあるので最低限そこぐらいは読んでおきましょう。

アソシエイトの受験

どうせ勉強するならと思い、他のアソシエイトも取得しようと考え申し込んで受験しました。結果は2つとも合格でした。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト AWS 認定システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター – アソシエイト

受験当日

試験時間が170分もある試験なので、体調管理が非常に重要です。
後悔する事になるので、間違っても前日に夜更かしするのは避けましょう!

眠くならないように食べ過ぎも注意です。可能なら、試験は午前中とかに入れると集中力も増すと思います。

まとめ

結果はギリギリで合格していますが、正直もう少し高いだろうと思っていたところがありました。なので、間違って覚えている事があると思います。今後はDevOpsの取得を目指して、もう少し勉強してみます。

あと、この試験に合格する人なら他のアソシエイト試験も全部合格すると思いますので、一緒に受けると良いと思います。

おすすめ書籍

CDPの書籍です。業務で触ることが多い人は本で持っておいても損はないと思います。